恋を成功させる2つのまつげメイク法

恋が始まって最初のころは、まだ遠い関係。それが、二人の仲がよくなっていくほど、縮まっていくものです。

遠くで見ているときには目を引くようなまつげだったとしても、近くで見たときにひどいまつげだと、がっかりされてしまいます。

まつげメイクのポイントは2種類。

まずは、遠くで見て目立つようなボリューム感があるまつげ、そして近くで見たときに繊細さを感じさせるまつげの2つです。

うまくこの2つのまつげメイクを使いこなすことで、どんな距離で見られても、キレイなまつげでいられるようにしましょう。

正規品のこのコスメを使うと、メイクなしでも魅力的なまつげになるみたいです。ただし、絶対に正規品を使う必要がありますね。http://www.matsuo-mc2001.com/nisemonocyuui.html(参考ページ)

遠くできれいに見えるまつげの作り方

遠くから見てキレイなまつげは、まつげの根元にボリュームタイプのマスカラを、一本一本のまつげにしっかりとつくように、2往復つけます。

1往復ごとに、ダマにならないように、コームでとかすようにしてください。

まつげの毛先には、ロングタイプのマスカラを2往復つけます。

まつげの先に向かっていくほど、力を抜くようにして、さっとつけるようにします。

この時にも、1往復ごとにコームでとかします。

ボリュームタイプ、ロングタイプのマスカラの両方とも、まつげの下側だけではなくて、上側からも塗ります。

そして、まつげを真ん中、目頭、目尻それぞれ3つのブロックに分けて塗ると、美しく塗ることができます。

コームで一回ごとに丁寧にとかすだけで、ダマにならずに塗れます。

それから、下のまつげにもちゃんとマスカラをつけましょう。

下のまつげにつけると、目を大きく見せる効果があるんです。

下まつげにつけるときには、縦にマスカラを持って、まつげの根元から毛先にかけてまっすぐにおろすようにつけます。

近くで繊細に見えるまつげの作り方

次に、近い距離で見たときに美しく、魅力的に見えるまつげの作り方です。

最初に、ビューラーを使って軽いカールを作ります。

まつげが上がりすぎているより、繊細にカールを描くような、儚げな感じのまつげを作りましょう。

この場合、ロングタイプのマスカラを使って、根元から毛先にかけてさっと、抜くように2往復塗ります。

同じように、1往復ごとにコームでとかします。

もちろん、まつげの下側と上側の両方塗ってください。

真ん中、目頭、目尻の3つのブロックに分けて塗るとキレイに完成します。

ページの最初へ